おこさま用カイテキオリゴが効果なし!そんなときはココをチェック!

おこさま用カイテキオリゴ効果なし 効果

おこさま用カイテキオリゴが発売されましたが、本当にちいさな子どもののお腹がスッキリできるのか、気になりませんか?

でも、中には「効かない」、「効果がない」と感じる人も多いようです。ただ、それは本当にスッキリできないということなのでしょうか。

そこで、おこさま用カイテキオリゴがなぜ効かないと感じるのか、どうすればスッキリの効果が実感できるかをお伝えします。

「おこさま用カイテキオリゴを使ってみたけど、あまりスッキリできない…。」

「試してみたいけど、小さな子どものスッキリに効くの…?」

と思っている方はぜひ参考にしてみてくださいね~!

おこさま用カイテキオリゴの効果がないと感じる理由

おこさま用カイテキオリゴが効かないと感じている理由

変化がなく、思うようにスッキリを実感できない

カイテキオリゴを食べ続けているけど、あまり様子が変わらない…。

そんなときは今までの食べ方を一工夫して変えてみましょう。

時間帯

今お子さんに飲ませている時間帯とは違うタイミングでカイテキオリゴを飲ませてみましょう。

朝に飲ませてスッキリできない場合は、日中の保育園や学校で我慢しているのかもしれません。そんなときは夕方や夜に与えてみると良いですよ。

飲む回数を増やす

一日の量を分けて与えてみるのもおすすめです。

例えば1日に1gを与えている場合、朝と夜に0.5gずつ分けて飲ませてみましょう。

お腹にオリゴ糖を届く回数が増えることで、刺激となってスッキリできることが期待できます!

量を増やす

パッケージに書かれている与える量はあくまで目安であるため、スッキリできないようであれば量を増やしてもOKです。

お子さんの体質に合わせて与える量は調節してみてくださいね~。

ガスは出てるけど、スッキリできない

食べ始めておならが多くなったけど、実際にスッキリはあまりできていない…というお子さんもいるのではないでしょうか。

一度に多くの量を飲んでいると、ガスが出やすくなることがあります。

しかしこれはオリゴ糖がお腹に働きかけている証拠。もう少し続けていればスッキリできることが期待できます。

1日の摂取量は変えず、こまめに少しの量ずつ摂るようにして続けてみてください!

はじめは良かったけど、スッキリできなくなったから

食べ始めた最初はスッキリできていたのに、数日経つとまたお腹が詰まり気味になってきてしまうことがあります。

それは腸内環境停滞期かもしれません。

腸内環境停滞期とは?おこさま用カイテキオリゴでお腹の善玉菌と悪玉菌のバランスがいったん整います。(善玉菌優勢)

その後、善玉菌に耐性が付いた進化した悪玉菌が出現してしまい、またスッキリできなくなることがあります。(悪玉菌優勢)

これが、腸内環境停滞期です。

そんなときは、1.で紹介したようにおこさま用カイテキオリゴを飲むタイミングや回数、量を変えてみましょう。

油断した悪玉菌を善玉菌がまたやっつけてくれて、再びスッキリしやすくなるのです。

ちなみに私の息子も腸内環境停滞期になりました。

そんなときは、いつも朝にカイテキオリゴを食べていたのを夜に変えて食べさせています!すると翌朝スッキリ!

>>そのときの体験談はコチラ

カイテキオリゴに加えて、ちょっとした工夫でさらにスッキリ!

 

カイテキオリゴに加えて、ちょっとした工夫でさらにスッキリ!

お腹がスッキリできないからといってカイテキオリゴだけに頼るのではなく、普段の生活も工夫してみましょう。

ちょっとした心がけで更にお子さんのお腹スッキリが期待できますよ!

水分をしっかりと摂る

お子さんはお水はしっかりと摂っていますか?

子どもは活発的なため、知らず知らずのうちに水分が不足していることもあります。

水分はこまめに摂るように心がけ、おなかにうるおいを与えることが大切です。

食物繊維をバランス良く摂る

お腹の調子を整えるには食物繊維を摂ると良いことはよく聞きますが、食物繊維には2つ種類があることはご存知でしょうか?

お腹をスッキリさせたいのなら、この2種類をバランス良く摂ることが大切ですよ。

不溶性食物繊維消化されず腸内で膨らむ性質があります。それによって便のかさが増し、腸が刺激され排便の働きが活性化されます。

含まれる食品:穀類や豆類、きのこなど

水溶性食物繊維水分を多く含んでいる性質があります。腸内にうるおいを与え、便を柔らかくして排便をスムーズにしてくれます。

含まれる食品:海藻類やオクラ、果物など

ただし、注意したいのが不溶性食物繊維をたくさんとってしまうこと。

あまりスッキリできていないお子さんが食べすぎると、水分が吸収されてさらにスッキリできなくなることがあります。

不溶性食物繊維も便のかさを作ることで大切ですが、お腹に潤いを与える水溶性食物繊維もきちんと摂ることが大切。

それに加えて水分もしっかり補給することで、柔らかくなりスルンと出てくれるようなることでしょう!

スッキリできない食べ物の食べすぎに注意!

食べ物の中には腸内環境を悪くしてスッキリできなくなるものがあります。

例えば、糖質や脂質、塩分の摂りすぎは腸内の悪玉菌が増えてしまう原因に。

ポテトチップなどのお菓子やジュースなどの摂りすぎには注意しましょう!

おこさま用カイテキオリゴはどのくらいでスッキリすることができる?

 

おこさま用カイテキオリゴはどのくらいでスッキリすることができる?

多くの方が勘違いしているのが、「おこさま用カイテキオリゴがすぐに便秘を解消する効果がある」ということです。

しかし残念ながらおこさま用カイテキオリゴには即効性の効果はありません。

多少の個人差はあれど、下剤や浣腸などの便秘薬を使った後のような「ドッサリ!」の効果は期待しないほうが良いでしょう。

じゃあ、どのくらい飲めばスッキリを実感することができるのかといえば、最初の変化が感じられるのは1ヵ月程度。

体の環境も整え、安定したスッキリを求めるのなら3ヵ月は様子を見る必要があります!

おこさま用カイテキオリゴ実感のステップ

1週間~3週間

摂り始めの時期です。ここでは小さな変化も見逃さないようにしましょう。

お子様のココをチェック!お腹が張るような感じがしていませんか?

ガスがよく出るようになっていませんか?

よくお腹がゴロゴロしていませんか?

3週間~1ヵ月

徐々に体内環境が整ってくる時期。次第にスッキリできることが多くなりますが油断は禁物!

お子様のココをチェック!スッキリできることが増えてきていませんか?

お腹の張りやガスが次第に落ち着いてきます

色や固さ、ニオイが変化してきます

腸内環境停滞期かも?!

お子様が最初と比べてスッキリできることが少なくなったかも…と思われているかもしれませんが心配はいりません。

このときは腸内環境停滞期の影響です。決して効かなくなったわけではないので、先ほど言ったように1日の摂取量や回数を工夫してみてください。

ここを乗り切ると安定したスッキリが見えてきます。頑張って!

3ヵ月~6ヵ月

腸内環境停滞期を過ぎると、スッキリのペースが安定してきます。

毎回規則正しくするっと出てきてくれて、体内環境もかなり整っていることだと思います。

長い道のりかと思うかもしれませんが、諦めずに自然にスッキリできる健康なお腹を目指しましょう!

お子様のココをチェック!一定のペースで自然に出そうな感覚がありませんか?

毎回するっとスムーズにスッキリできていませんか?

参考:公式パンフレット「実感のコツ」より

コメント

タイトルとURLをコピーしました